【顔画像】田口翔の自宅とFacebook特定!山口県阿武町給付金4630万円返還拒否の氏名・実名

【顔画像】田口翔の自宅とFacebook特定!阿武町給付金4630万円の返済拒否

4630万円返還拒否24歳男性の実名公表されました。

給付金の返済を未だ拒否し逃亡している男性に対して、阿武町は民事訴訟をおこすという。

4630万円返還拒否24歳男性は誰なのか?名前や顔画像、自宅住所を調査してまとめました。

本記事の内容

  • 4630万円返還拒否24歳男性
  • 田口翔の自宅住所は山口県阿武町と特定
  • 田口翔の顔画像やFacebookは?

それでは、どうぞ。

目次

【現状】阿武町給付金4630万円誤振り込みが返還拒否の氏名・実名

現在アクセスしにくい阿武町公式サイトのインフォメーションページには広報誌「あぶ」のPDFを画像データ化したものが掲出されている
gg

画像引用元:Yahoo!ニュース

現在、給付金4630万円の誤振込を受け取ったとされる男性が逃走していることにより、なかなか返金されない状況。

今回の町民に誤振り込みしたとされる総額は4630万円だが、今回の訴状には「5115万9939円及びこれに対する令和4年4月8日から支払済まで年3分の割の金員を支払え」とある。元の4630万円に加え、弁護士費用および交通費等の諸費用を含んだ金額だとされる。

 裁判沙汰になった以上、訴状に氏名が記載されるのは自然な流れだ。とはいえ、ある意味で日本中からの注目が集まる人物だけに、ネット上では、この人物のプロフィールをさらに“特定”しようとする動きまで起きている。地元住民は語る。

「こんなことが地元で起きるとは想像もしていませんでしたよ。周囲はこの話題で持ち切りです。訴訟に至るまでに何とかならなかったのかとは思いますけど、普通は返還を求められた時点ですぐ返しますよね。阿武町は高齢者が多い町だけど、最近は若い移住者が増えて、少し活気が出てきたなんて思っていたんですけどね」(地元住民)

山口県阿武町給付金4630万円誤振り込みが返還拒否の氏名・実名は”田口翔”。

【顔画像】田口翔の自宅住所やFacebook特定か!

顔写真引用元:週刊文春

給付金4630万円の誤送金を返還拒否している犯人がだれなのかやっと判明しました。

顔画像引用元:Twitter

  • 名前 田口翔
  • 顔画像 不明
  • 性別 男性
  • 生年月日 1997年
  • 年齢 24歳
  • 自宅住所 阿武町から逃亡
  • 職業 ホームセンターコメリ(現在は会社を辞め無職)

田口翔氏の顔画像が公開されたと思たtのですが、フェイクだったようですね。

しかし、こんないたずらまで発生するとは…。

声や反応

全国の無実の同姓同名の田口翔サン怒っていい。

田口翔のFacebookなどのSNSアカウント

画像引用元:Yahoo!ニュース

田口翔”という名前のFaceBookは見つかりました。

しかし、同姓同名の方が多くいますので情報が確認できない人も多く本人特定までは至りませんでした。

同姓同名の方は、誹謗中傷となりえますので現時点では公表は控えます。

詳しい情報が分かり次第追記していきます。

田口翔の自宅住所は、山口県阿武町大字福田下3437番地

空き家バンクにある山口県阿武町大字福田下の別の物件

田口翔の自宅は賃料2万5,000円で、住所は山口県阿武町大字福田下3437番地です。

【特徴】田口翔が住んでいた山口県阿武町の自宅

  • 空き家バンクで借りた賃料25,000円/月の賃貸
  • 築50年以上は経っていそうな古い日本家屋
  • 一人で住むには大きすぎる大邸宅
  • 車はなし
  • 窓はカーテンや雨戸で締め切られている

ただし、4630万円の給付金誤振り込みを受け取ってからは自宅には住んでいないようです。

今回訴えられた町民は、阿武町が力を注いでPRしている“空き家バンク”制度を利用して、1年半ほど前に移住してきたそうです。

空き家を有効活用するため、移住者を積極的に受け入れている阿武町。男性はおととし10月、山口県内から一人で移住してきたといいます。

引用:Yahoo!ニュース

田口翔・阿武町の自宅(Googleストリート

男性はすでに勤め先を退職しており連絡が取れない状態ではありますが、さすがに氏名が公表されて提訴されたとなると、居場所がわかるのは時間の問題ではないでしょうか。

阿武町給付金4630万円護送を返還しない理由は?

田口翔の”銀行で豹変”したという阿武町で語り継がれる伝説のエピソードで人物像で返還しない理由が少し見えてきました。

返還を拒んでいるのは、阿武町に住む24歳の男・田口翔。

人口およそ3000人の阿武町。宮本武蔵と巌流島で戦った、佐々木小次郎が眠るとされる墓があるなど、小次郎ゆかりの伝説が語り継がれる町です。

阿武町・中野貴夫副町長:「4月8日、当初、男性は金を返す気でいたため、役場職員と共に、金が振り込まれた宇部市の銀行まで車で向かいました」

田口翔は、給付金の振込先を阿武町から車で2時間の場所にある宇部市内の銀行を指定していたため、4630万円はその口座に振り込まれました。  “金を返す気でいた”という田口翔と共に、役場の職員が銀行に向かったところ、車中で、こう話したといいます。

田口翔:「銀行へ行くならハンコが必要だ」

そこで100円ショップに立ち寄り、認め印を購入。

宇部市内の銀行に到着しました。ところが、男性は銀行の入り口で突然、次のように話したといいます。

田口翔:「やはり、きょうは手続きしない。後日、公文書を郵送してくれ」  男性のこの発言から、事態は急転していったのです。

中野貴夫副町長:「突然、手続きを拒否されたその日(先月8日)のうちに、たぶんでありますが、職員と別れた後、本人がカード決済により、多額のお金の引き出しをしていて、その後も、ほぼ毎日お金を動かし、2週間弱で、ほぼ全額が口座からなくなっていたことが判明致しました」 ■母の説得にも「役場の非」「罪償う」  男性は、阿武町の隣・萩市内の店で、販売員として働いていたといいます。

田口翔が、土壇場で返還を拒否した日から1週間後の15日、役場の職員は、山口県内に住む男性の母親と共に、勤め先を訪れ、返還の説得をしたといいます。

中野貴夫副町長:「本人は、役場の非ばかりを述べ、弁護士と話してから対応するとの一点張りで、会話が成り立たないような状況でした」

役場は、この時すでに、男性が宇部市内の銀行から金を移動させていたことを知らなかったといいます。

先月21日の夕方、改めて自宅を訪問した職員は、田口翔にこう告げられたといいます。

田口翔:「お金は、すでに動かした。もう戻せない。犯罪になることは分かっている。罪は償う」

田口翔に、家を貸しているという家主は、次のように話します。

田口翔の自宅の家主:「賃貸だから面識はある」

(Q.どんな方?)普通の子。男前」

「(Q.最後に会ったのは?)先月ぐらい」

「(Q.先月のいつぐらい?)ああ…どうじゃろう…中(中旬)くらいかね。まぁ、何とも言えんね。何とも言えん」  阿武町民:「あんなこと、ようできるなと思って。普通やったらびっくりして、すぐ町のほうに連絡して返しますけどね」

引用:グッドモーニング

現在は不明です、情報が入り次第更新します。

世間の評判や反応と声

声や反応

の方の問題が大きいと思う。今どきフロッピーディスク、振り込みの作業も担当一人でやっていたみたいだし、確認作業を別の方がやっていればこのようなことにはなっていなかったかも。大切なお金という割には、それの扱い方に大きな問題があったのではと思うが。

声や反応

返還に応じないことと逃げも隠れもせずに罪を償うと大口を叩いておきながら、勤め先を退職し、行方をくらましたのは矛盾にも程があると感じます。
先ずは行方を突き止め、身柄確保に尽力いただきたいと思いますが、逆に行方が突き止められず、また、裁判にも出廷しない場合は容赦なく、口座とかの財産を差し押さえるなど、返還すべき金額を回収しても良いと感じました。

声や反応

最初は返還するつもりだったのかもしれない。
他者からの入知恵で、返還しなくても法律上は問題ない事が分かったのかもしれない。
ちょっとゾッとする。
自分もプライベートで振込先間違えたら返して貰えない可能性の方が大きいなんて。
今回、市の財政が無駄に使われて市民は腹立たしいと思う。役所のミスや対応が発端だけど、それでも非難しないでほしい。法律では問われなくてもネコババしている方が悪いのだから。
間違った振込みを無事に返還出来るシステムを早急に作ってほしい。

【顔画像】田口翔の自宅とFacebook特定!阿武町給付金4630万円の返済拒否

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる