【まとめ】桂田精一のホテル経営と嫁や自宅の現在は?陶芸から小山昇へハシゴ経歴

【まとめ】桂田精一のホテル経営と嫁や自宅の現在は?陶芸から小山昇へハシゴ経歴

2022年4月23日、知床半島沖で観光船カズワンが浸水・沈没し、乗組員含む乗客26名の生存者が未だいない痛ましい事故がありました。

国の負担で飽和潜水の技術を活用したり、地元漁師や海上保安による懸命な捜索が続けられています。

そんな中、知床遊覧船社長の桂田精一はどうなのでしょうか?

乗客の家族からは「誠意がまったくない」、記者の問いかけには”ノー小稔と”を続けている状況のようです。

今回は、桂田精一のまとめとして経歴から経営しているホテルや妻・子供についての現在までを調査したことをまとめました。

本記事の内容

  • 【完全版】知床遊覧船・桂田精一社長のWikiプロフィール
  • 桂田精一が経営するしれとこ村のホテルの評判
  • 桂田精一の嫁や子供の家族構成
  • 【経歴まとめ】桂田精一は元陶芸家
  • 【顔画像】小山昇にしれとこ村や知床遊覧船のコンサルを受けていた

それでは、どうぞ。

目次

知床遊覧船・桂田精一社長のwikiプロフィール

まずは、桂田精一・知床遊覧船社長のプロフィールを紹介します。

  • 名前 桂田精一
  • 生年月日 1963年6月29日
  • 年齢 58歳
  • 職業 しれとこ村、知床遊覧船代表取締役社長
  • 出身地、自宅 北海道斜里郡

桂田精一社長は、町議の息子で複数の宿泊施設を経営されています。あわせて読みたい

家族についてすが、

妻(20歳年下の嫁さん)と、二人の子供がいます。

また、10年ほど前に離婚されているようです。

父親は、知床遊覧船のオーナーである桂田鉄三は、桂田精一氏の父親で元斜里町議会議員で一族経営していました。

/

【しれとこ村の評判】桂田精一の経営ホテル旅館の口コミ

桂田精一社長が知床遊覧船以外にも、経営している4つのホテル旅館がありますす。

『しれとこ村』で4つのホテル旅館を経営

  • 世界自然遺産の宿 しれとこ村つくだ荘
  • 流水と温泉の宿 海に桂田
  • shiretoko HOSTEL hanare
  • 秘密知床の宿 地の涯

参考元:THE  KIMUN-KAMUY(ザ•キムンカムイ) ※2020年2月

桂田精一社長のずさんな安全管理に注目が集まっている中、ホテルの従業員から「残業未払いがある」などの口コミがありました。

4つのホテル旅館の評判の詳細については下記の記事でまとめています。

【現在】桂田精一の嫁と子供は自宅から引っ越し

現在判明している家族構成は、妻・子供2人の4人家族と言われています。

  • 桂田精一(年齢58歳)
  • 嫁(年齢30代後半)
  • 子供/娘(3歳)
  • 子供(0歳)

桂田精一氏は、現在の嫁とは2018年6月25日に入籍しています。

しれとこ村グループ・知床遊覧船の社長である桂田精一氏は現在58歳です。

知床遊覧船が事故を起こしてしまい、妻や子供はどうしているか気になりますよね。

子供を出産した嫁は、知床観光船事故当日が退院日だったようです。

現在は、『北海道斜里斜里町』の自宅には住んでおらず移動しています。

また、桂田精一社長は10年前に離婚されています。詳細は下記記事にて紹介しています。

【まとめ】桂田精一社長の学歴・経歴

ここからは、桂田精一氏はどのような学歴・経歴を歩んできたのか紹介します。

出身高校

桂田精一氏の出身高校は、北海道綱走南ヶ丘高等学校のようですね。

北海道綱走南ヶ丘高校は、綱走市台町二丁目にある道立高等学校。

こちらは、Facebookに記載されていました。

専門学校

茨城県工業技術センター窯業指導所を卒業されているようです。

茨城県工業技術センターの主な業務は、「依頼試験(職員が測定を行う試験)」「設備使用(企業への機器貸出)」「受託研究(企業からの研究開発請負)」「技術相談(技術的内容や補助金申請支援)」「人材育成」「重点研究(センターが中心となり行う研究開発)」。

引用:Wikipedia

茨城県工業技術センターで学び、そのまま陶芸家の道へと進みました。

陶芸家としての道を歩む

桂田精一社長は、有名百貨店で個展を行うぐらい実力と知名度がある元陶芸家でした。

桂田精一社長は有名百貨店で個展を行うほどの元陶芸家ですが、突然ホテル経営を任され、右も左もわからないド素人で困ったとか。

 【コンサル】しれとこ村の再生を小山昇に学ぶ

koFoCsX

2017年に小山昇氏が知床に旅行に行った際に、しれとこ宿で社頭と出会っています。

当時の桂田社長は、宿泊業を営み、斜里町の町議だった父親の後を継いだばかり。

世界遺産知床地区で桂田社長は、”国民宿舎桂田”や”ホテル地の涯””海に桂田”など複数の宿泊施設を経営しています。

桂田精一社長の刑事責任や行政処分は?補償と慰謝料言及

国交省によると、海上運送法に基づく行政処分では事業許可の取り消しが最も重く、同法や事業許可の条件に違反した場合に適用されるが、これまでに処分事例はないという。

同省は、同社の書類や関係者の聴取内容を基に、違反の事実確認を続けている。

一方で、桂田社長が雇った弁護士2名を同席のもと、

乗客の家族に対して、補償の説明に加えて慰謝料も言及したという。

  • 圃場金は犠牲者1人当たり上限一億円となっている。
  • 弁護士からは事故の補償だけでなく、家族に対する慰謝料の支払いについての話もあったという。

まとめ

今回の記事では、桂田精一のまとめとして経歴から経営しているホテルや妻・子供についての現在までを調査したことをまとめました。

本記事の内容

  • 【完全版】知床遊覧船・桂田精一社長のWikiプロフィール
  • 桂田精一が経営するしれとこ村のホテルの評判
  • 桂田精一の嫁や子供の家族構成
  • 【経歴まとめ】桂田精一は元陶芸家
  • 【顔画像】小山昇にしれとこ村や知床遊覧船のコンサルを受けていた

ご一読、ありがとうございました。

【まとめ】桂田精一のホテル経営と嫁や自宅の現在は?陶芸から小山昇へハシゴ経歴

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる