飽和潜水の民間業者と8億7700万円契約!飽和潜水士の年収はいくら?

飽和潜水の民間業者はどこ?飽和潜水士の年収はいくら?調査まとめ

2022年4月23日に知床半島沖で乗客乗員26人が乗った観光船カズワン-KAZUIが沈没した痛ましい事故がありました。

現在も行方不明者がいる状況のなかで海上保安庁は、深い水深でも潜水可能な『飽和潜水』の技術を使い、沈没した知床観光船の船内捜索を実施する方針を固めました。

船内に行方不明者が取り残されている可能性があるため、既に専門の民間事業者との”契約”を終えており、早ければ今月上旬に着手するという。

そこで今回は、飽和潜水を自衛隊ではなく民間業者に依頼したとのことで、業者や飽和潜水士の年収を調査してまとめました。

本記事の内容

  • 飽和潜水とは?国は知床観光船カズワン捜索を業者に依頼
  • 飽和潜水は自衛隊が有名だが優秀な民間業者は?
  • 飽和潜水士の年収はいくらか

それでは、どうぞ。

目次

飽和潜水とは?【知床観光船カズワン捜索】

ダイバーが加圧タンクの中に長時間入り、海底の高い水圧に慣れてから潜水、捜索するというもの。危険が伴う作業です。

海上保安庁の潜水士が潜ることのできる深さが60メートルほどであるのに対し、飽和潜水は100m級の深度になると戻りの減圧に5日間もかかるといいます。

深海水圧に体をさらしつつ、超大深度への潜水を実現するための技術。これによって、100メートル以上の深度でも安全に長時間の活動ができるようになり、潜水病の危険も減った。最大で700メートル以上を潜ることも可能とされている

引用:Wikipedia
声や反応

単に、「飽和潜水」をするだけでも危険な行為ですが、更に沈没した地域は潮の流れが激しい為、最悪の事態も考えられます。

掃海艇と潜水ロボットではだめなのか?

4月29日に知床遊覧船のカズワン(19トン)は、知床半島沖の海底で見つかっています。

船が沈む海底120メートルの地点について、安倍氏はソナー(探知機)の画像から「緩い勾配のところ、砂地または泥のところにいる」と分析。

しかし、「現場海域は潮流が早いと言われています」とし、波の影響を受けて捜索が難航する可能性を推測した。

掃海艇と潜水ロボットをつなぐケーブルも強い波の影響を受けるため、「運航に難易度が増すという状況が続いていると思います」と指摘した。

飽和潜水の民間業者は日本サルヴェージ!国が8億7,700万円で契約

国が8億7,700万円で契約したという飽和潜水の民間業者は、「日本サルヴェージ」から業務委託を受けた会社が所有する”新日丸です。

  • 会社名 日本サルヴェージ株式会社
  • 設立 1934年
  • 代表者 松村建世(取締役社長)
  • 資本金 6億4000万円
  • 業種 海洋工事などをメインに担当

新日丸オフィシャルホームページより

クレーン会社の日本サルベージサービスとは関係ありません。

漫画『我が名は海師』のモデルとなった会社のようです。

今回、国が契約した飽和潜水の民がん業者は決定しましたが、有力な会社は二つありました。

  • アジア海洋株式会社 飽和潜水
  • 日本サルヴェージ株式会社
声や反応

飽和潜水の実績でいうと日本では海上自衛隊が一番、民間ではアジア海洋株式会社が唯一と

飽和潜水の経験者は日本全体でも『約60名』しか存在しない、特殊な手法のようですね。

無事に知床観光船カズワンの状態を捜索できることを願いたいですね。

飽和潜水士の年収はいくらか

飽和潜水士の確かな年収は明かされていませんでした。

ちなみに、民間業者の潜水士の年収は、

民間企業で働く潜水士年収は、企業の規定によって異なりますが、一般的には400万円~600万円が平均年収と言われています

ですので、飽和潜水士は特殊技能なので『推定年収600万+歩合給』と見るのが妥当ではないでしょうか。

歩合給が多いのでしょう。

実際に飽和潜水として30日間勤務していた方の月収は370万円という情報が出ていました。

月収370万円には条件がありますので、毎月という訳ではありませんが、数字だけを見ると給料はかなり良い印象を受けますね。

声や反応

私も一応ダイバーの端くれです。大深度潜水は潜ること自体は難しくないが、安全浮上が最大の課題となります。高圧の深海で血液中に大量に溶けた窒素を気泡化しない(潜水病を避けて)浮上するのが課題です。
 飽和潜水は理論的には安全に深海潜水できるのですが、果たして生身の人間が、超高圧の深海と長い時間をかけて往復して本当に害はないのか? まして今回の現場は南の穏やかな海ではありません。流れが速く極めて水温も低い。
 やるとすれば海自かその関連組織でしょうが、言いにくいですが、今回は潜水艦事故で生存者を救出するのとは意味合いが異なります。安全に実施できる自信があれば乗客のご家族のためにも奮闘いただきたい。でももし自信がなければ、無理をすべきではないと思います。これは日本防衛でもないし、生存者救出とも異なります。

飽和潜水士の職業は、命の危険が付き纏うので、年収が高く設定されていても不思議ではないでしょう。

世間でもかなり見解が分かれているところですので、引き続き精査してまとめていきます。

まとめ

今回の記事では、飽和潜水を自衛隊ではなく民間業者に依頼したとのことで、業者や飽和潜水士の年収を調査してまとめました。

本記事の内容

  • 飽和潜水とは?
  • 飽和潜水は自衛隊が有名だが優秀な民間業者は?
  • 飽和潜水士の年収はいくらか

ご一読、ありがとうございました。

飽和潜水の民間業者はどこ?飽和潜水士の年収はいくら?調査まとめ

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる