【評判】小山昇(武蔵野)が知床遊覧船に関与か?桂田精一社長へコンサル

【評判】小山昇(武蔵野)が知床遊覧船に関与か?桂田精一社長へコンサル

知床の観光船カズワンが沈没して行方不明となり、未だ多くの乗客や船長が見つかっていないという悲惨な事故が起きました。

まもなく記者会見を行う予定の、知床遊覧船の桂田精一社頭にコンサルを実施したと話題に挙がっているのは、『株式会社 武蔵野』の小山昇氏です。

『株式会社 武蔵野』の小山昇氏の経歴や知床遊覧船(しれとこ村)の桂田社長に対してどのようなコンサルを行ったのか気になりますよね。

そこで今回は『株式会社 武蔵野』の小山昇氏と知床・社長の関わりを調査してわかりやすくまとめました。

本記事の内容

  • 武蔵野の小山昇氏と知床遊覧船・桂田精一社長の関係
  • 【評判】株式会社 武蔵野の小山昇氏の経歴やコンサル内容
  • 【顔画像】桂田精一社長のwikiプロフィールと経歴

それでは、どうぞ。

目次

【評判】株式会社 武蔵野の小山昇について

知床観光船事故を起こ会社に、小山昇社長(武蔵野)がコンサルをしていたと世間で話題になっていますね。

武蔵野・小山昇社長の評判について、ネット上やSNSで、

  • 記事がサイレント削除
  • 会社の重役を洗脳されていた
  • 素手でトイレ掃除
  • スーパーハッピーとか絶叫して朝礼と告発
声や反応

知床事故起こした会社のコンサルで話題になってる株式会社武蔵野ね…昔働いてた会社の社長が小山昇に心酔してコンサル入ってから会社がおかしくなった 素手でトイレ掃除したり、スーパーハッピーとか絶叫して朝礼したり、環境整備という床這いつくばってホコリ1つ残らず掃除したり、名刺交換研修とやらで合格貰うには号泣するとか笑っちゃう位のブラックになって辞めたわ

声や反応

日経ラジオで神コンサルタントのように崇められている株式会社武蔵野の小山昇、問題の知床遊覧船、有限会社しれとこ村桂田精一社長長にコストカットと買収による素人経営を伝授した武勇伝記事を本日ひっそり削除。経営者によるコンサル傾倒の結果として残すべきでは?

2000年 日本経営品質賞 受賞

・2010年 国内初日本経営品質賞 2度目の受賞

・2020年 クリーン・リフレの工場を設立

株式会社武蔵野は、『日経・マイナビ2023年卒版就職企業人気ランキング』にて「業種別ランキング・その他サービス」で7位にランクイン。

このような会社が何故、このような評判なのでしょうか?株式会社武蔵野について確認していきましょう。

(株)武蔵野の小山昇と桂田精一社長はしれとこ宿で出会う

画像引用元:www.nnlife.co.jp

2017年夏、私は妻と世界遺産の知床に行きました
 宿泊は、経営サポート会員でもある有限会社
しれとこ(北海道、旅館業

引用:ダイヤモンド

2017年に小山昇氏が知床に旅行に行った際に、しれとこ宿で社頭と出会っています。

当時の桂田社長は、宿泊業を営み、斜里町の町議だった父親の後を継いだばかり。

世界遺産知床地区で桂田社長は、”国民宿舎桂田”や”ホテル地の涯””海に桂田”など複数の宿泊施設を経営しています。

画像引用元:Twitter

2016年に『知床遊覧船』を買い取り、社長に就任。

「いい印象はありませんね」と、地元関係者がこう続ける。 「はたから見ると裕福な印象でしたが、実際はそうではなかった。お金にだらしなく、それが一因で10年ほど前に奥さんと離婚した。その後、今の奥さんと再婚しましたが、事業を拡大し続け、借金を重ね、銀行からお金を借りられないくらい、借金が増えていたようです。他の会社は元漁師や経験者が経営に携わっているのに、知識も経験もない桂田さんが、なんで観光船なんかに手を出したのか、疑問に思っていた。町全体が何ともいえない、重苦しい雰囲気に包まれています」  海や船の知識がないズブの素人ばかりが観光船の運航をしていたのだとしたら、本当に怖い。

引用:Yahoo!ニュース

と、しれとこ村の裏側の評判は良くなさそうです。

いったい、小山昇社長はしれとこ村に対してどのようなコンサルを行ったのでしょうか。

と、

【内容】株式会社武蔵野の小山昇は知床でどのようなコンサル?

  • 会社名 株しk会社武蔵野
  • だい表取締役社長 小山昇
  • 創業 1964年
  • 資本金 9,900万円
  • 従業員数 約800人

株式会社武蔵野のこれまでの実績

  • 2000年 日本経営品質賞 受賞
  • 2010年 国内初日本経営品質賞 2度目の受賞
  • 2020年 クリーン・リフレの工場を設立

小山昇氏によると、自分のコンサルによって赤字経営だった桂田精一社長の『国民宿舎桂田』を黒字に転換させたようです。

経営も小山昇氏に任せっきりだったのではないでしょうか。

社長 桂田精一はワシが育てた!
by コンサル小山昇

引用:https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1650780644

中小企業のコンサル業を専門にしている小山昇さん。

桂田精一社長へのコンサルについて、2018年4月1日のダイヤモンドオンラインでは、小山昇氏へのインタビューが掲載されていました。

いい宿ですが、桂田精一社長は有名百貨店で個展を行うほどの元陶芸家で、突然ホテル経営を任され、右も左もわからないド素人。

 運よく何もわからないから、小山にアドバイスされたことは「はい」「YES」「喜んで」ですぐ実行した。

 知床観光船が売り出されたとき、私は、
「値切ってはダメ! 言い値で買いなさい」
 と指導した。

すると、赤字の会社があっというまに黒字に変わった。
 ただ、ところどころでもったいないところがあった。

 当時の旅館の名前「国民宿舎桂田」も無味乾燥で、お客様がラブストーリーを感じない。

「夕映えの宿」と知床らしい名前に変えるべきとアドバイスした。

 知床の冬は寒すぎて客数が減りますが、それなら寒さを逆手に取って、外にテントでも張ってマイナス20度の世界を体験できるプランを販売すればいい。

 ハイボールも、普通の氷の代わりに氷柱(自然の氷柱は保健所が許可しないので人工でつくった氷柱)を使えば、倍の値段で売れます。私は観光で行ったはずなのに、結局、経営指導して帰ってきました(笑)。

引用元:https://news.biglobe.ne.jp/

声や反応

知床遊覧船の運営会社、色々とコストカットの話が出てきているけど、それを指南したのがあの小山昇か。『オレの指導であっというまに黒字』と小山が自慢する2018年のダイヤモンド記事が突然消されたのか。今朝時点では閲覧できたようだが。

声や反応

夕方のNewsでは、2-3年前に交代した運営会社社長がベテラン船員を解雇した、としていたので、指南を受けたのは現社長と別人かもしれないが、いま小山が関係ないなら記事を消す必要はないはず。ダイヤモンドもこれ記事を消して知らんぷりなのか?

有限会社小山昇社長は、かなり剛腕な経営理論のようですね。

【顔画像】株式会社武蔵野・小山昇の経歴プロフィール

koFoCsX
  • 名前 小山昇
  • 生年月日 1948年
  • 年齢 73~74歳 (2022年4月時点)
  • 出身地 山梨県
  • 最終学歴 東京経済大学経営部卒

出版した書籍

  • 『仕事ができる人の心得』(CCCメディアハウス)(1996年
  • 『「儲かる仕組み」をつくりなさい』(河出書房新社)(2005年
  • 『強い会社をつくりなさい!』(CCCメディアハウス)(2006年
  • 『社長! 儲けたいなら数字はココを見なくっちゃ!』(すばる舎)(2007年
  • 『朝30分の掃除から儲かる会社に変わる』(ダイヤモンド社)(2007年)
  • 『「決定」で儲かる会社をつくりなさい』(河出書房新社)(2007年)
  • 『強い会社はどんな営業をやっているのか? 』(あさ出版)(2014年
  • 『IT心理学』(プレジデント社)(2016年)
  • 『残業ゼロがすべてを解決する』(ダイヤモンド社) (2016年)
  • 『小山昇の超速仕事術』(PHP研究所)(2016年)
  • 『小さな会社の儲かる整頓』(日経BP社)(2017年)
  • 『儲かりたいならパート社員を武器にしなくちゃ』(KKベストセラーズ) (2017年)
  • 『成果を上げながら「残業ゼロ」で帰れるチームの作り方』(宝島社)(2017年)

全て書くと長くなるので割愛しましたが、えらくたくさん出版されてるのですね。

小山昇の経歴

小山昇氏は株式会社武蔵野の代表取締役社長で、主に中小企業のコンサルタントを行っています。

  • 1977年 株式会社ベリーを設立し社長に就任
  • 1989年 株式会社武蔵野の代表取締役社長に就任
  • 1990年 株式会社ダスキンの顧問に就任
  • 1992年 顧問を退任

パートナー会員720社以上の会員企業とという。

  • 中小企業のIT戦略
  • 実践経営塾と実践幹部塾

年間セミナーは240回以上で、日本経営品質賞受賞を受賞していました。

ホテル業へ転身した経営経験ゼロの桂田精一社長は、そんな小山昇氏のコンサルを依頼したようです。

【顔画像】知床遊覧船・桂田精一社長のWikiプロフィール

  • 名前 桂田精一
  • 顔画像 上記Twitterより
  • 年齢 58歳
  • 職業 代表取締役社長
  • 出身地 北海道斜里郡

勤務先は、世界自然遺産の宿 しれとこ村つくだ荘 / Shiretoko Village

町議の息子で複数の宿泊施設を経営されています。

家族についてすが、

妻(奥さん)とは10年前に離婚されています。

知床遊覧船のオーナーの桂田鉄三は、桂田精一の父親で斜里町議会議員で一族経営

父親については、以下の記事で記載しています。 

【特定】桂田精一社長のFacebook

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-108.png

桂田精一さんのFacebookには、勤務先『世界自然遺産の宿』と表記しています。

Twitterの噂と一致し案拗ね。

そして”Shiretoko Village”と記載しているので、こちらのFacebookは上記で紹介した『しれとこ村』の桂田精一氏となります。

まとめ

今回の記事では『株式会社 武蔵野』の小山昇氏と知床遊覧船・社長の関わりを調査してわかりやすくまとめました。

本記事の内容

  • 武蔵野の小山昇氏と知床遊覧船・桂田精一社長の関係
  • 【評判】株式会社 武蔵野の小山昇氏の経歴やコンサル内容
  • 【顔画像】桂田精一社長のwikiプロフィールと経歴

ご一読、ありがとうございました。

【評判】小山昇(武蔵野)が知床遊覧船に関与か?桂田精一社長へコンサル

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる