桂宮治の嫁は美人!元銀座ホステスとの馴れ初めや子供は?【画像あり】

45歳の若さで笑点の新メンバーに大抜擢された桂宮治、”嫁は元銀座ホステス”だ。

芸能界あるあるで、桂宮治の嫁は落語家の当初は月給3万円の夫を支えるために、育児とホステスの両立をしていた。

「あまりにも大変すぎて”結婚を後悔”した」と語っていたことも。

そんな桂宮治の嫁は美人さんなのか?馴れ初めも気になるところ。

桂宮治の嫁について調べた結果を分かりやすくまとめた。

目次

【画像あり】桂宮治の嫁は美人!

画像出典元:TBSテレビ

2007年に桂宮治(俊之さん)と結婚した嫁の明日香さん。

2022年現在は47歳だが、年齢を感じさせない美人さんだ。

桂宮治と元銀座ホステスの嫁との馴れ初め

明日香さんが桂宮治と出会ったのは28歳のとき。

桂宮治は、演劇の先輩から勧められた化粧品の実演販売から始め年収1,000万円プレイヤーとなった。

一方、嫁の明日香さんは演劇女優をしながら生活のためにアルバイトで銀座のホステスをしていた。

「皆にすぐおごっちゃったり気前も良いし、この人と結婚したら幸せだなって」と、明日香さんは語っている。

二人は晴れて2007年に結婚することになった。

そんな幸せ街道を歩みそうな桂宮治と嫁の明日香さんだが、、、。

桂宮治と嫁の結婚生活は七転八起の物語

元ホステスの嫁は結婚を後悔したほど苦労している。

桂宮治は自身の結婚披露宴でまさかの「会社を辞めます」宣言。

大手化粧品会社の営業マンを退職し、落語界入りを発表した。

嫁の知り合いだった、落語評論家の稲田和浩(いなだかずひろ)との縁がきっかけで演芸の道を志した。

落語家を目指すことを嫁に隠していたと噂されている!

明日香さんとしては、幸せの絶頂である結婚式でとんでもないサプライズだ。

年収1,000万円の高級鳥りの嫁から一転、月収3万のいばらの道を支える嫁となる。

桂宮治の家族構成は嫁と子供3人

桂宮治の家族構成は嫁の明日香さんと子供は二女一男だ。

地元の中で6回も引っ越しをし、色々な小学校で子供落語も実施している。

子供がとても好きなんでしょうね。

まとめ

桂宮治の嫁は自身の演劇女優を諦め、夫の落語家の夢と3人の子供たちを銀座ホステスのアルバイトをしながら支えた素晴らしい人だ。

そんな奥さんの為にも、これから笑点のレギュラー是非とも頑張って頂きたい!

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる