河辺愛菜の出身高校は京都両洋高等学校!偏差値や中学など経歴・学歴まとめ

河辺愛菜の高校は京都両洋高等学校!偏差値や中学も特定

河辺愛菜選手は、2021年12月のフィギュアスケートNHK杯で自身ベストの2位、そして北京オリンピック出場を決めて注目を集めている。

「失うものはない、いくしかない挑戦者」と語っている河辺愛菜がトリプルアクセルを武器にオリンピックで輝けるか楽しみだ。

そんな河辺愛菜の出身高校や中学などの学歴・経歴を調査して分かりやすくまとめた。

今回の記事で分かること。

  • 河辺愛菜の高校と中学校はどこか
  • 河辺愛菜の中学・高校時代の経歴と成績

それでは、ご覧ください。

目次

河辺愛菜の出身高校は、”京都両洋高等学校”

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-52.jpg

引用:google.co.jp

1915年に予備校、1925年に中学校として創立し、1952年に京都両洋高等学校が設立された。

女子硬式野球部が全国的な強豪校で知られており、女子プロ野球選手も多数輩出している女子野球の名門校だ。

更に、河辺愛菜以外の『女子フィギュアスケート選手』が在籍していた。

名前は”白岩優奈”、世界ジュニア選手権に2年連続で出場している選手だ。

京都両洋高等学校には、全日制普通科として、下記3つのコースがある。

  • K特進コース
  • J進学コース
  • Jキャリアコース

偏差値は”39~50”

河辺愛菜はどのコースを受講しているかは不明だ。

高校時代の経歴

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-53-1.jpg

引用:インスタグラム  全日本選手権

河辺愛菜は高校2年生、現在までの経歴を見ていこう。(2022/2時点)

2020年4月~2021年3月(高校1年)

  • 4月:京都両洋高等学校入学
  • 11月:フィギュアスケートNHK杯/6位
  • 12月:第89回全日本フィギュアスケート選手権/6位

河辺愛菜が通う高校にはフィギュアスケート部がないため引き続き、関西KFSCで練習。

2021年4月~2022年3月(高校2年)

  • 10月:ISUグランプリカナダ/9位
  • 11月:ISUグランプリNHK杯/2位。
  • 12月:第90回全日本フィギュアスケート選手権/3位
  • 12月:北京オリンピック内定

京都府宇治市にある木下スケートアカデミーに所属。

2022年4月~(高校3年~)

  • 3月:京都両洋高等学校卒業後の予定は?

全日本選手権では最有力の紀平梨花が欠場し、誰が内定するのか話題になったのは記憶に新しいだろう。

ちなみに9位だった、ISUグランプリシリーズスケートカナダで優勝しているのは”カミラ・ワリエワ”だ、やはり世界の壁は厚いが。

河辺愛菜の中学は、”名古屋市立汐路中学校”

引用:https://www.nagoya-c.ed.jp/

名古屋市立汐路中学校は戦後まもなく開校した、愛知県名古屋市瑞穂町御莨町にある公立中学校。

2005年の中学生日記のロケ地でもある。

男子ハンドボール部が有名で全国大会準優勝を3回獲得しており、汐中の卒業生にはフィギュアスケートスケート選手の小塚崇彦がいた。

河辺愛菜は地元である公立へ進学したようだ。

公立中学校なので偏差値はない。

幼少期~中学時代までの経歴

続いては、河辺愛菜の生い立ちから中学卒業までを見ていこう。

2004年10月31日

愛知県名古屋市で生まれる。

2009年(5歳)

浅田真央選手に憧れてフィギュアスケートを始める。

2011年4月~2017年3月(小学生)

  • 名古屋スポーツセンターにて、浅田真央を指導した山田満知子コーチに指導を受ける。
  • 小学3年~:荒川静香を指導した、長久保裕コーチに師事する。
  • 2015年:愛知選手権ノービスB女子/優勝

2017年4月~2018年3月(中学1年)

  • 4月:名古屋市立汐路中学校に入学
  • X月:ジュニア国際大会/優勝
  • 2月:全国中学校スケート大会に出場 

羽生結弦や浅田真央も活躍していた全中スケート、その時に河辺愛菜のコメントがあり「オリンピックに出たいし、メダルも取りたい」と話していた。

2018年4月~2019年3月(中学2年生)

  • コーチを変更で練習拠点を父親を残し、母親と弟の3人で大阪に引っ越し。
  • 関西大学KFSC(カイザーズフィギュアスケートクラブ)に所属。

コーチ変更に伴い、”高槻市立第九中学校”へ転校

引用:https://ja.wikipedia.org/

1972年4月に設立、芸人の田村亮や多数のプロサッカー選手を輩出している。

河辺愛菜が転校しコーチを変更したのは、浅田真央の代名詞であるトリプルアクセルをマスターするためだという。

2019年4月~2020年3月(中学3年)

  • 11月:全日本フィギュアスケートジュニア選手権/優勝
  • 12月:第88回全日本フィギュアスケート選手権/13位
  • 1月:ローザンヌユースオリンピック/4位
  • 3月:世界ジュニアフィギュアスケート選手権/11位
  • 3月:”高槻市立第九中学校”を卒業

全日本フィギュアスケートの順位が13→6→3位と、年々成長していることがよく分かる。

その変化はコーチに影響している可能性が高い。

”濱田美栄”は、宮原知子選手、紀平梨花選手、本田真凛選手などが所属する名門クラブで実績のあるコーチだ。

北京オリンピックもそうだが、河辺愛菜は今後が楽しみな選手だと言える。

河辺愛菜のプロフィール

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-52-1.jpg

引用:https://www.nikkansports.com/

  • 名前:河辺 愛菜(かわべ まな)
    出身地:愛知県名古屋市
    生年月日:2004年10月31日(16歳)
    身長:155㎝
    血液型:O型
    所属:木下アカデミー
  • 趣味:嵐を聴く、読書

まとめ

今回の記事では、河辺愛菜の出身高校・中学など経歴・学歴についてまとめた。

  • 出身高校は京都両洋高等学校”
  • 出身中学は”名古屋市立汐路中学校”
  • 卒業した中学は、”高槻市立第九中学校”
河辺愛菜の高校は京都両洋高等学校!偏差値や中学も特定

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる